ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険

「STOP!放射能ガレキ全国拡散」さんの記事の紹介です。

ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険。知ってください&広めてください
いのちに関わる重要で緊急な情報です。読んで納得がいきましたら、広めるのにご協力ください。 日本でも若い女性たちに病院で接種が勧められ始めた「子宮頸癌予防ワクチン」の 最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があることをご存知でしょうか。しかも アメリカの独立した調査 では、その...
きくちゆみ様より。

ケムトレイル掲示板でも最近話題になってた、子宮頸がんワクチンの悪いうわさ。
ネズミが不妊になったり、ゴキブリ退治のほう酸が入ってるという話し。
なんでだろね。。泣

いのちに関わる重要で緊急な情報です

読んで納得がいきましたら、広めるのにご協力ください。

日本でも若い女性たちに病院で接種が勧められ始めた「子宮頸癌予防ワクチン」の 最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があることをご存知でしょうか。しかもアメリカの独立した調査では、そのワクチンの効果がないことが伝えられています。

さっそく、子宮頸癌で検索すると、トップはなんとグラクソスミスクラインという製薬会社のものでした。日本ではこの会社の「サーバリックス」を導入し、勧めています。うーん、この構図、よくあるパターンだなあ。

もちろん、このワクチンが効かないとか危険だという情報は日本のマスコミには出ていないし、日本の医者も知らない(知ってても言えない)と思うので、どうか今日のブログを読んで、ご自身でもリンク先をご覧になり、信頼に足ると思ったら、友人知人に知らせてください。

イギリスでは政府が税金を使って、ティーンエイジャーを対象に、予防接種をしたら45ポンドの買い物券(バウチャー)をあげていることが社会問題になりつつあります。この予防接種に効果やメリットがあるなら、バウチャーはいらないはず。これって少女への賄賂?
http://www.dailymail.co.uk/news/article-1250905/45-shops-bribe-cervical-cancer-jab.html

ここまでして予防接種を打たせるのは、なぜ?

ここにある写真は、インフルエンザや子宮頸癌の予防接種で亡くなったり、重い障害を負った人たちのものです。

インフルエンザの予防接種だって、効力より危険性の方が高いのです。オバマ大統領は自分の娘には打たせなかったことが報道されていますが、一般市民には「緊急事態宣言」までして、強制しようとしたのは、なぜ?

この辺りは菊川征二さんの『インフルエンザをばら撒く人々』を読んでください。

オーストラリアの千早からの情報です。

日本の仲間から、「病院で、子宮頸癌ワクチンのポスターを見た」というメールが来て、遂に日本にも!(>_<) と思いました。

2007年4月に当時の豪首相ジョン・ハワードが同ワクチンのガーダシルを「無料で」中高生~26歳までの処女の女性に押し売りを始めた頃色々調べた私は、「やがて日本にも行くだろう」と心配していましたが厚労省はそのガーダシルではなく、グラクソ・スミスクラインのサーヴァリクスを販売することにしたようですね。

丁度ウチの娘にも学校経由で自治体から、「無料だから受けますか?」という質問票が配られてきました。

「無料」というのは、実は狡猾な言い回しであって、それは国民、住民の税金でまかなうということですから自腹を切って毒を体内に入れ、下手をすると命を失うはめになる予防接種を受けますか? と聞かれているようなものです。

日頃からプリズン・プラネットのアレックス・ジョーンズが「人々は諸手を広げて独裁政治を迎え入れる」と言っているけれども、まさにそれを目の当たりにするような気がしました。

取り急ぎ、日本女性のための警告を書きましたのでそれともうひとつの記事を是非お読み戴き、ご家族、ご友人などに広く知らせて戴きたいと思います。

「最悪の副作用は、接種直後に死亡する可能性があること」と言われたら、受けますか? – 子宮頸癌ワクチンは絶対に受けないで!!
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/02/blog-post.html

<特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く>
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/hpv.html


私は9/11の嘘に目覚めて色々わかるまで、長年現代医学を疑うこともなく生きてきた人間です。が、いまや予防接種とは基本的に「金儲けと人々を弱体化させ、病気にさせるための手段である」と見るようになりました。

そういう言い方では身もふたもないと思われるかもしれませんが、新潟大学教授・安保徹氏の『薬をやめれば病気は治る』に書かれていたことに納得したことも、これまでと全く違う見方が容易になった理由のひとつです。

もちろん大多数の医師はそういう実態に気づくことなく、教えられた通りに「患者さんのため」と思ってやっているに過ぎないのですが。

米国でも、子供への予防接種が近年グングン増えた自閉症の原因であることが声高に、といっても犠牲者の家族たちから言われています。
#ここでも9/11同様、メディアが取り上げないという状況があります。

脳腫瘍の元であるアスパーテーム(アスパルテーム、人口甘味料)を扱った”Sweet Misery,” “Sweet Remedy” というドキュメンタリーにも出ていたラッセル・ブレイロック医師は、そうした食品に入っている添加物や予防接種、水道水に入れられるフッ素など全部が国民を馬鹿な人間にするための意図的な行為だと明言しています。

Aspartame/MSG/FDA Sweet Remedy: The World Reacts (Trailer)

予防接種などで死者が出たり、車椅子の生活を余儀なくされる犠牲が出ても、普通の医師や製薬会社の人(実際にやり取りをした)は「残念な出来事だったが、そういうケースもある」という言い方で済ませようとします。

それが本当に命を失う可能性という危険すら冒して打つだけの価値があるものならともかく、実は効果からして疑問があるものを「製薬会社の定期的収入確保」に貢献するように買うのは愚かとしか申せません。

これまでそういう見方をしたことのない方には到底理解して戴けないかもしれませんが、私たちはこれまで一方通行の情報しか受け取ってこなかったのですから、無理もないことです。
#私もフッ素ではみごとにだまされましたし。

ネットや実生活で、周囲の方に伝えてください。よろしくお願いいたします。

尚、日本ではサーヴァリクスは「サーバリックス」と表記されるようです。

千早
ーーーーー
みんなで歌おう 同時多発テロはヤラセだよ!
シークレットという解決策
http://insidejobjp.blogspot.com/2009/12/blog-post.html
ーーーーーーーーーー転載、ここまで。

『★ちょっと待った!子宮頸癌の予防接種は危険』
きくちゆみ様より。ケムトレイル掲示板でも最近…

コメント