ウイルスは体内で自然発生する。HIVウイルスはエイズの原因ではない

最近 コロンビア大学の研究でも明かにされた、
腸造血を最初に唱えた ( 千島学説 )の、
偉大な「 千島喜久男 医学博士」による「ウイルス論 」

千島喜久男博士=ウイルスは細胞内部で増殖しない

● パスツールは 1859年に「バクテリアが 自然発生 することを “ 否定 ” 」以来、学界の 定説とされている。 

● パスツールの解釈に、「 根本的な “ 誤謬 ”」があることを私は指摘してきた。  

● 「 ウイルス 」に関して 私は「 “ 自然発生 ” するもの 」であると考えている。  

ウイルスが 細胞中へ 「 侵入 」して、細胞内部で増殖したことを「 実証した学者は “ いない ”」 

( ※ 現代医学は 仮説のもとに成り立っている )  

● 「 伝染病 」といえば 「 細菌、ウィルス に《 感染 》して起こる 」ものというのが 常識である。 

しかし、「 そこに 《 大きな疑問 》 がある 」  

● 生活機能が低下して、「 細胞や組織が病的 」となり、 「 腐敗に傾けば 」そこに「 細菌やウィルスが “ 自然発生 ”」してくることは、私の実験によって確められている。  

● 要するに伝染病の大流行 は 、気候異変、戦争、飢饉、密居 、このような 「 悪い生活環境 」は、人々が「 生理的機能が障害を受け 」病的になるにつれて、「 生体内部に細菌、ウィルスなどが “ 自然発生 ” 」して来るのが「 主因 」である。 

引用文献:「血液と健康の知恵」千島喜久男 著

石原結實博士=ウイルスは不要なものを処理する掃除屋

●「 老廃物 」「 有害物質 (化学物質等)」が血液内 に 存在する時、体は「 “ バイ菌 ” の力を借りて 」「 血液内の老廃物を燃焼( 分解 )」しようとする。  
 
●「 肺炎 」「 膀胱炎 」「 胆のう炎 」等々、「 ○○炎 」とつく 病気は、「 細菌、真菌、ウイルス 」によって、「 血液内の老廃物 」が「 燃焼(分解)されている 」状態 
 
● バイ菌は、「 不要物を “ 分解 ” して “ 土に戻す ” 」“ 重用な使命 ” をもって存在している。よって「ドブ川にはウヨウヨ 」していても「 清流にはほとんど存在しない 」
 
● そのバイ菌 が、「 血液内、体内に入って炎症を起こす 」のは、「血液や体内が汚れている 」という“ 証拠 ” 
 
細菌、ウイルス は、地球上の「 不要なものを処理する “ 掃除屋 ” 」なのです 
 
● 炎症性疾患の時は、「発熱」と「食欲不振」を伴う。 
 
● 「 発熱 」は血液内( 細胞内 )の「 老廃物・有害物質 」を「 燃焼している状態 」
 
● 「食欲不振」は「 血液を汚す最大の要因 」の「 食べすぎ 」を 一時的にストップする反応。 

● 西洋医学ではせっかく出した “ 発熱 ” を「 解熱剤 や 抗生物質 」で下げ、“ 食欲不振 ” に対しては、「 点滴で栄養補給 」したりする。  
 
●西洋医学の治療は、血液をさらに “ 汚す ”

感染症で亡くなるのは、多くの場合が薬害

( 母里啓子 医学博士 )
例 ) 「 インフルエンザ脳症の原因 」は「 インフルエンザ “ ではなく ” 」「 “ 解熱剤 ” が 脳症 を 引き起こしている 」 
( つまり、解熱剤 の 薬害であり、インフルエンザとは無関係 )
 
( 石原結實 医学博士 ) 
例 ) 食中毒 O-157 で亡くなった人の殆どは、処方された嘔吐止め、下痢止めが原因だった。

HIVウイルスは 、AIDSの「 原因ではない 」

【 新型コロナ や エイズの検査法 PCR法開発者】
キャリー・マリス(Kary Mullis)=PCR法の開発で、ノーベル化学賞受賞

「エイズ否認主義提唱者であり、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)は、コッホの原則を満たしておらず、存在しない」と主張している 。(Wikipedia)
 
● 1981年

男性同性愛者、麻薬常習者 の免疫不全 、日和見感染 、カポジ肉腫を一括し、「エイズ( 後天性免疫不全症候群 )」という「 新しい病気 」 とされた。 
 
その後、発見されたというウイルス が、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)と呼ばれる。
 
しかし、「 AIDS は HIV というウイルスの感染によって起こる」いう “ AIDS病因仮説 ” を批判する文献の数は、すでに膨大なものとなっており、HIV = AIDS病因説 を科学的に 正当化することは不可能になっている。  
 
【 エイズ否認主義 】 
・ノーベル化学賞受賞者キャリー・マリス博士

・ノーベル化学賞受賞者ライナス・ポーリング博士

・カリフォルニア大学の 分子生物学者
ピーター・ デュースバーグ博士などが代表的。 

● HIVウイルス は 、AIDSの「 原因 ではない 」 

● AIDS( 後天的免疫不全症候群 )の「 原因 」の一つは、「 エイズ 治療薬 」である。 

● AIDS( 後天性免疫不全症候群 )の原因は、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)ではない、感染症ではない。


① 麻薬常用者のエイズ

② 男性同性愛者のエイズ

③ 血友病患者のエイズ

④ アフリカ人のエイズ は、
 
それぞれが「 独自の原因により 引き起こされている 」
それぞれ「 異なる 疾患 」である。 
 
①麻薬常用者 の エイズ(免疫不全)の原因
 ↓
麻薬自体の作用 
 
②男性同性愛者の エイズ(カポジ肉腫)の原因
 ↓
男性同性愛者が 肛門性交 に際し 使用する「 亜硝酸アミル 」の 中毒作用。 
 
③血友病患者のエイズ(免疫不全)の原因
 ↓
血液製剤 の “ 投与自体が免疫不全の危険因子 である。 
 
④アフリカ人のエイズ(免疫不全)の原因
 ↓
安全な飲み水・食料の不足、環境汚染、危険な医薬品の人体実験 など。 
 
 
● 抗ウイルス薬治療を受けると、悲劇的に衰えていきます。
非常に多くの人々が、「 抗ウイルス薬の毒性 」によって、「 死亡した 」ことは、疑いがありません 。 

なぜこの様な状況になったか? 

製薬業界が、科学分野の最高機関を支配していること。
 
例えば、「 ノーベル委員会 」や、「 世界保健機関( WHO )」
 
世界の 医療が 従属 している、これらの 上層機関 には、「 抗ウイルス薬 」を製造する
「 大手製薬会社の 重役 」が、「 異常な割合で存在 」しています。
 
彼らは、「 巨額の利益を求め 」、必死になって、「 地理的顧客数 」を拡げようとしています。 
 
● 世界のメディア は、この点に関して、発言することは不可能です。 
 
「 製薬会社の 広告 」が、「 メディアの収入源 」だからです。 
 
● 「 製薬会社 」は、主要政党 や、大統領選に「 資金提供 」しています。
 
( エチエンヌ・ド・アルヴァン医師 ) 
  
(※ 潜伏期間が長いという嘘により、無症状から抗ウイルス薬を投与できることが
このビジネスの旨み ) 


 
国境なき医師団 は グラクソ・スミスクラインやロックフェラー財閥 から資金を集め、発展途上国での製薬ビジネスを促進している。 
 
さまざまな重い副作用を伴う、エイズ治療薬の副作用注意事項を取り除いて、カラフルな入れ物にパッケージし直して、展途上国に提供。
 
ビッグファーマは 発展途上国での薬の販促に、無自覚な「国境なき医師団」を利用している。 
 
● 1945年

ロックフェラー財閥は 、国際連合を設立。また、WHO(世界保険機関)や WTO を、自身の石油と製薬の利益を拡大させる、政治的道具として設立しました。
 
(「医療ビジネスの闇 」崎谷博征医師 )

エイズ学会関係者100人=墜落のマレーシア機

マレーシア機墜落事故で、世界のエイズ研究者 約100人が 殺害された
 
2014年に開かれる予定だったエイズ学会は、世界のエイズ研究者が、エイズの真相について議論~告発する、極めて重大な会議だった。 
しかし、100名にも及ぶ研究者たちは、全員殺されてしまった。  
 
エイズ学会関係者100人=墜落のマレーシア機
時事通信 2014.07.18」
 
オーストラリア紙シドニー・モーニング・ヘラルドは18日、ウクライナ東部で墜落したマレーシア航空機に、国際エイズ学会がオーストラリアで開く、国際エイズ会議に出席予定の、研究者ら約100人の関係者が搭乗していたと報じた。 
 
国際エイズ学会は声明で、「多数の関係者が搭乗していた」と発表。学会のヨープ・ランゲ元会長ら、著名なエイズ研究者も搭乗者に含まれているという。 
 
「2014年7月17日の Epoch Times より」
マレーシア機には、オーストラリアでおこなわれる、国際エイズ会議に出席する予定だった国際エイズ学会 ( IAS )の研究者たちが複数搭乗していて、全員死亡しました。 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
参考サイト&書籍

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/キャリー・マリス

「Dancing Naked in the Mind Field 」
Kary Mullis著

「inventing the AIDS Virus 」
Peter H. Duesberg 著

西岡昌紀 医師ブログ(現在は削除)

「AIDSの虚像と真実」工学社

デュースバーグ教授ホームページ
http://www.duesberg.com/
以下、教授の論文 欧米の学術誌
http://www.duesberg.com/papers/ch1.html
http://www.duesberg.com/papers/ch2.html
http://www.duesberg.com/papers/ch3.html
http://www.duesberg.com/papers/ch4.html
http://www.duesberg.com/papers/chemical-bases.html

エチエンヌ・ド・アルヴァン医師 https://youtu.be/9ChNy4Ow9ws ( 動画 ) 

クリスタル・マイヤー女史 ホームページ
www.christl-meyer-science.net

ニュースジャンル
『『エイズはすべてインチキだった』~世界中の著名な医師や細菌学者が告発しています。』
『エイズはすべてインチキだった』~世界中の著名な医師や細菌学者が告発しています。ワクチン接種を多く受け受け、体内に抗体が多く造り出されるとエイズ検査で陽性と診…
In Deep (旧): 黒点は完全に消えたけれども、イスラエルの「666戦争」とマレーシア機の既視感の中で予測されてしまうかもしれない今後の世界
地球最期のニュースと資料

コメント