ワクチンに強力除草剤成分グリホサートが混入されてる仕組み

獣医で、ホメオパシーの世界的権威である森井啓二先生のブログ「ひかたま(光の魂たち)」の記事の紹介です。

グリホサート

モンサント社が開発した除草剤ラウンドアップの主成分です。

現在、グリホサートは特許で保護期間が終了し、
多くの会社から同成分や類似化学成分の除草剤が
世界中で次々と販売されています。

これが
世界中の土壌と海と空気、
そして
あらゆる生物を汚染してしまっています。

現在
世界各地で問題視され
さまざまな国で
使用禁止や輸入禁止、自主的な販売停止などが広がりつつありますが、

日本では
いまだに
テレビCMを放映したり
ホームセンターにも並んでいる農薬大国です。

日本農薬学会が受理した「グリホサートの毒性試験の概要」では
安全性が高いと結論つけられているものの
(本気でそう思っているのかどうか・・・)

WHOの外部組織である国際がん研究機関IARCは
グリホサートを人に対して発がん性リスクの高いグループ2Aに指定しています。

利益関係にある団体や組織は
軒並みグリホサートを無害とする一方で

民間の研究機関では
数多くの有害性が指摘されています。

ごく微量でも
人体に有害性があることも指摘されています。

2015年には
93%の人の尿からグリホサートが検出されました。

農薬汚染は
知らないうちに
どんどん浸透してしまっていたのです。

そして
近年の調査では
一般的に幼児たちに使われているワクチンからも
グリホサートが検出されたようです。

vaccination-2722937_1280
vac

naturalnews.com

ここからは
上の記事Naturl newsのCONFIRMED: Vaccines are contaminated with glyphosateから
要点を吸抜粋します。

「マムズ・アクロス・アメリカ(全米母親の会) :Moms Across America 」という
自閉症の子を持つ母親たちの団体が
研究機関にワクチンの成分分析を依頼したのです。

ちなみに
ワクチンと自閉症の関係は
大きな問題にもなっています。

そして、

成分分析を行った五種類のワクチン

MMR IIワクチン、
DTap三種混合ワクチン アダセル、
インフルエンザワクチン フルヴィリン、
B型肝炎ワクチン エナジクス-B 、
肺炎ワクチン ニューモヴァクス23 

それらすべてからグリホサートが検出されました

特に
未就学児童がほぼ全員接種するMMRワクチン
麻疹・おたふくかぜ・風疹の3つの病気を予防するワクチンからは
高濃度の農薬が検出されてしまいました。

国立感染研究所の予防接種状況報告を見ると
日本では
ほぼ100%近い接種率です。

この結果をふまえて、
さらに
別の研究機関において追試験調査を実施した結果
同様にワクチンがグリホサートに汚染されていることが
確定されました。

ワクチンの製造には
動物由来のゼラチンやカゼイン、鶏卵などが使用されています。

この動物たちが
コスト削減のためにグリホサートを大量に含む遺伝子組み換え飼料を食べて育ち、
体に蓄積された状態のまま
ワクチン製造に使われているのです。

グリホサートは
ごく微量であっても有害性が指摘されている化学物質です。

これを直接注射によって体内に注入することは
安全なのでしょうか?

私たちの世代は
自分たちの目先のお金儲けや便利さと引き換えに
未来の世代に
毒を植えつけているのかもしれません。

新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 上巻 | 森井 啓二 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで森井 啓二の新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 上巻。アマゾンならポイント還元本が多数。森井 啓二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 上巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 下巻 | 森井 啓二 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで森井 啓二の新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 下巻。アマゾンならポイント還元本が多数。森井 啓二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また新・臨床家のためのホメオパシーマテリアメディカ 下巻もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント