ワクチン推進派議員、インフルワクチン後に死亡(米)

ジャーナリスト山本節子さんのブログ「wonderful world」記事の紹介です。

ニューヨーク州の上院議員、ホセ・ペラルタ氏は、熱心なインフルエンザワクチンの推進者。自分のツイッターでもしきりと接種を勧めていた人です。

その彼は突然の発病でエルムハースト病院に入院しましたが、2週間後には手の施しようがなく、死亡に至りました。まだ47歳でした。本人はインフルエンザワクチンを受けてから具合が悪くなったと述べていたとのことです。

https://newspunch.com/pro-vaccine-senator-dies-after-flu-shot/

「インフルエンザと戦うためにあらゆることをすべきだ」と力説し、医薬産業界とも協力してきた議員の死因は、インフルエンザではなく、「敗血症性ショック」でした。敗血症(SEPSIS)は、グラム陰性桿菌などの「細菌感染」により、突然の発熱、頻脈、血圧低下、意識の低下、呼吸困難などの症状が出ます。

 議員の妻の証言によると、「病院にかかるまで、彼は一週間ほど耳の圧迫と頭痛を訴えていたが、病院では物を言うことも大変で、後は悪化する一方だった。

本人はフルショットに関係する症状だと考えていた」「彼の体そのものが毒物になっていた」「彼は本当に健康な人だった。あの年齢でこんなに早く死ぬなんて…」

 敗血症になると全身の血液循環が阻害されるため、各機関に血液が流れなくなります。その影響を最も強く受けるのが脳で、血流が絶たれることにより意識が混濁し、言葉が出なくなるなどの重大な症状にいたります。

それがさらに他の器官に及ぶと、全身の臓器がはたらかなくない。多臓器不全として死に至るわけです。

 一方、この敗血症と似た病態に、「全身性炎症反応症候群(SIRS,systemic inflammatory response syndrome)」があり、これは感染の要素はないが、何らかの原因で免疫細胞が大量の炎症性サイトカインを血液中に放出することによる急性炎症です。

ところで、ワクチンを接種すると、「免疫細胞が大量の炎症性サイトカインを放出する(=免疫反応が高まる)」ことはよく知られています。

 この議員の死亡とワクチンの関係はまだ裏付けられていませんが、インフルエンザワクチンは一般的な副作用だけでなく、ギラン・バレー症候群や呼吸困難など強いアレルギー症状を起こすのも事実、そして多数の死者を出しているのも事実。

予防接種は健康を守るどころか、重大な健康被害を招く側面もあることを忘れないようにしたいものです。

ワクチン推進派議員、インフルワクチン後に死亡(米) | WONDERFUL WORLD
ジャーナリスト、山本節子の環境問題のブログです。テーマは農薬、化学物質、環境汚染。特に今、ワクチン、GMO、放射性廃棄物、再エネ問題と格闘中。連絡はコメント欄(非公開)か、hanghau*hotmail.comからどうぞ(*を@に変えてね)

コメント