絶対に不要なワクチン9種・恐怖心を煽り大きな利益を出す医薬品産業のトリック

「世界の裏側ニュース」さんの紹介記事です。

不要だからこそ米政府が恐怖心を煽り接種を推奨しているが絶対に不要なワクチン9種
Top 9 vaccines you NEVER need and exactly why the CDC has to scare everybody into getting them

7月13日【Natural News】 http://www.naturalnews.com/054337_vaccines_injury_medically_unnecessary.html#ixzz4GkBdSCBQ より翻訳

たしかに私たちは資本主義的な国に暮らしていますし、そのような社会では商品やサービスを販売することでビジネス経営者はより力を手にし、より望ましい生活を送っています。
 
しかし他人が死ぬことを知りつつも、そこからお金を作り出しているようなビジネスは閉鎖され、罰金を科され、あるいは当事者を投獄する必要があるのではないでしょうか。 

それは企業や機関だけでなく規則を制定している政府機関にも適用されるべきですが、実際それはあまりにも理想的な社会の話であり、残念ながらそのような社会は存在していませんし、周りを見渡してもそうなる可能性も低そうに思われます。
 

有史以来、先住民の人たちはあらゆる種類の感染症を予防し、治療する自然な食べ物やハーブ、チンキやベリー類、キノコ、ミネラル類を発見してきました。しかしアメリカではそういった治療について知っている人はごくわずかで、その中でも代替治療と呼ばれる治療を信じていない人もいます。  

その理由とは何でしょうか? 答えは恐怖心です。

政府が国民に対し、各感染症の最悪のケースを数例紹介することで甚大な恐怖心を埋め込み、人々を文字通り死に追いやるほどの恐怖心を植え付けるプロパガンダを行っています(有毒な「医薬品」によって緩慢に死に追いやるスローデス)。 

ポリオに感染し、手足が使えなくなった子供の写真や、頭から足先まで天然痘やはしか、水疱瘡で覆われた子供の写真があります・・・まあ、なんということでしょう! 

性交渉で感染するガンの一種の予防として、有害な予防接種を注射される9歳の少女たちがいます。9歳で性交渉を持つ子供など、何人ほどいるのでしょうか。
 

確実に言えることといえば、HPVワクチンを受けた後の少女の多くは、HPVワクチンを受けた直後にアナフィラキシー性ショックや昏睡状態に追いやられているていますが、それは彼女たちが誰とでもセックスをしているからではない、ということです。

極悪な数百億ドルのワクチン産業がてっとり早く作り出し、疾病予防センター(CDC)によってプロパガンダがなされ、マスメディアによってその感染症の大流行の可能性という大嘘について最大限に大騒ぎしている偽物の感染症が存在しています。
 

それにより、みんなが最寄りの医者や薬局、大手スーパーなどに急いで、化学調味料や水銀、ホルムアルデヒドやアルミニウム、さらには遺伝子組み換えされた有機体やバクテリア、本当の治療法の確立されていない可能性のある生のウィルスなどが満載された注射を受けに行列を作っています。
 
そんな注射を受けたいと思うのは、どんな人なのでしょう? 

「万が一のケースを避けたい」と思う人たちです。彼らは病気や感染症に効果があるのは、米国厚生省の食品医薬品局FDAや、保健福祉省の質病予防センターCDCによって「認可」され、実験室で化学物質から作られた医薬品だけだと洗脳されているからなのです。
 
しかしそれは大きな誤りです。かなり大きな間違いです。 

そのようなワクチンを受けた人たちは免疫システムを傷つけ、身体に予測できない病原菌を血液に取り込み、彼らが被害妄想レベルに恐れているまさにその感染症に感染しやすくなるのですから。
 

なんと皮肉なことでしょうか。これが資本主義というものだそうです。あなたには選択肢があります。黙って有毒な注射を受けるか、あるいは西側の医薬品産業が自ら作り出す病気や、それを治療するというより有害な「医薬品」からどのように大きな利益を生み出しているのかという本物の陰謀について少し下調べをするかを選ぶことができるのです。 
 
次に絶対に必要のないワクチン(予防接種)9種をあげます。これはあなたを何からも守ることはなく、予防すると言っている病気には特に効果がないものばかりです。

*はしかワクチン(あるいはMMR三種混合ワクチン)

*ジカウィルス

*インフルエンザ

*豚インフルエンザ(H1N1)

*鳥インフルエンザ(H5N1亜型)

*ポリオ

*HPV(ヒト・パピローマ、子宮頸がん)

*炭そ菌

医薬品複合産業が誰にも知ってほしくないこと 

子供や新生児の多くの免疫システムが大人よりも弱くなっているのは、彼らがCDCや官庁が推奨するまま、そしてカリフォルニア州など一部の地域では銃を突きつけるような方法で強制化されて7歳までに50種の有毒なワクチンを接種しているからです。 

水疱瘡は子供時代にかかる一般的な感染症で、ウィルスは2~4日間生き延びますが、感染した後はほとんどの子供は一生涯有効な免疫を構築させます。
 
はしかは咳や高熱、赤い湿疹などが症状としてでますが、数日経って皮がむけたら消えていく風邪のような病気です。
 
おたふく風邪は急性ウィルス感染の一種で、通常は1、2日ほど微熱が出て、のどの痛みと腺の肥大が見られます。
 

普通に健康な人間であれば、ワクチンの目的とする感染症に負けることもなく、さらに食べ物などから取り入れている毒物の方がよほど恐ろしいということは、医薬品業界が秘密にしておきたいと思っていることです。 

同じことはジカ・ウィルスにも言え、出生異常を起こすこともありません。メディアの言っていることは嘘で、恐怖心を煽ろうという作戦なのです。
 
豚インフルエンザも、そのワクチンと同様の大ぼらであり、有害なワクチンを製造した企業は数百万ドルの賠償金を支払っています。
 
MMRワクチンはCDC上部の科学者、ウィリアム・トンプソン医師が告白したように、自閉症を引き起こすことが明らかにされています。
 

炭そ菌ワクチンは非常に実験的で危険です。
 
そして注射、口や鼻から適用されているポリオのワクチンは、実際にはポリオの予防接種を受けた子供が感染源となって、他の子供や家族に感染を広げています。
 

これは犯罪行為でありワクチン産業も熟知していることですが、恐怖心を煽ることで被害妄想になった親や洗脳され無知な人たちにワクチンを売りつけることから受ける利益は、ワクチンの副作用に対する賠償金の支払いの金額よりもはるかに大きいのでそのようなビジネスを続けているのです。
 

ワクチンは極悪な資本主義が成功するためのわかりやすい常套手段です。数百万本もの有毒なワクチンを販売し、その利益の約1%を裏金として蓄えておき、子供や新生児が身体障がい者になった親が同産業を訴訟しようとした場合には、そこから資金を出して黙らせるのです。
 
親が恐れるべきなのは、ワクチン産業です。オーガニック食品やホリスティックな医薬品で免疫を構築させ、アメリカのCDCが広げるプロパガンダに恐怖を抱かないようにすることだけです。
 
 
(翻訳終了) 

 ****
【コメント】
 
さらに同じ情報元からは、高齢者の肺炎球菌ワクチン接種の危険性を訴える記事も8月5日付で出ています。
 
http://www.naturalnews.com/054885_pneumonia_vaccine_seniors_adverse_effects.html
 
【要点】
 
アメリカの疾病予防センターCDCが、65歳以上の高リスク群(糖尿病、ガン、心臓疾患)の人たちに対し、肺炎球菌ワクチンのプレベナー13(Prevnar13)やニューモバックス(Pneumovax 23)の接種を強力に推進することに。
 
現在は同年代の人のうち60%が接種しているが、残り40%への接種を呼びかけるという。 

しかしアメリカのがん研究所では、がん患者は特に化学療法や放射線治療により免疫システムが弱っているため、全ワクチンの接種を受けた場合に重度の副作用を発症する可能性が高く、生ワクチンの場合は致死に至る可能性が高いとしてワクチン接種を避けるように言っている。
 
あなたかご家族がこのようなワクチンの接種を勧められた場合は、医師と必ず話すようにし、それでも納得できない場合はセカンドオピニオンを求めた方がよいだろう。 
 
****
 
また本文中にある「はしかはワクチンを受けた人を中心に流行している」という点に関しては、同じNatural Newsで詳しい情報も提示されています。
 
2014年「はしかの大流行の感染者の85%はすでにワクチンを受けていた」
(85% of measles outbreak victims already received vaccinations) 
 
2015年「はしかの大流行の流れを遡ると、ワクチンを受けた女性から拡大感染していたことが明らかに」
(Measles outbreak traced back to VACCINATED woman who spread the disease)

 
*****
 
また世界中の独立系メディアからは、「発がん性のある酵素たんぱく質(Nagalase)が人間向けのワクチンに添加されていることに気付いた10人以上の代替治療を行う医師が、続けて謎の死を遂げていた」ことも伝えられています。 

こちらには日本語でさらに詳しい情報がまとめられています。
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=315558
 
貴重な情報をありがとうございますm(_ _ )m 
 
この酵素は自閉症の子供の体内に多くみられ、がんの成長を妨げるビタミンDを身体が生成することを阻害する働きをするそうです。
 

『絶対に不要なワクチン9種・恐怖心を煽り大きな利益を出す医薬品産業のトリック』
 不要だからこそ米政府が恐怖心を煽り接種を推奨しているが絶対に不要なワクチン9種 Top 9 vaccines you NEVER need and exac…

コメント